R1-Z 復活!?

先日、バイク屋に旅立っていった”R1-Z”の修理が完了したとTELが入りました。
原因を聞いたところ(一番知りたかったりして。。)、コネクターのさし間違いだったそうです。
バイク屋さんもいろいろ配線チェックしていたが全て導通があり、いよいよ持って”CDIか?”
と思ったそうです。で、取り替えようと配線を外している時に、コネクターの色の違いに気が付いて入れ違いにしたらば。。。。見事ビンゴ!! 再び火が入りました。。。

夜遅くに復活したR1-Zを持ってきて頂き(同市内に付き配送無料でした。ラッキー)、シェイクダウンです。

クラッチ調整をして、ガソリンスタンドへ。ちょいと白煙吹いてるかな。ま、最初だけ仕方ないでしょ。
ガスを満タンにして、ちょいとでてみます。店の人の話によると、シリンダーとピストンの交換をしていないならほとんど慣らしは不要で、一回暖めて熱膨張させてやったらOKとのこと。

取りあえず8000RPMまで上げてみます。5~6000rpmの谷がちょっと無くなった幹事がします。おお、キャブのセッティングも前のままなのにいい感じなのか?
調子に乗って10Kmも走ってしまいました。

そこでアクシデント発生。
左にバンクさせた瞬間、いきなりボスっと失火した感じ。”あれ?”と思って脇に止めます。
エンジンが掛かっているのに、タコメーターが一瞬0rpmを示しました。”???”
すぐにアイドリング回転に戻ったものの、ちょっと不安。。軽くアクセルあおって確認。。。

そしたら、、タコが暴れる暴れる。0~5000rpmまでびゅんびゅん行ったり来たり。。
エンジンはなぜか全く吹けなくなりました。アイドリングすることすらままならない状況。
でもタコはびゅーんびゅーん。。。なんなんだこれ。。電気系統くさいな。。
その内エンジン停止。キックしてアクセルちょっと開けると何とかアイドリングちょい上程度。
半クラッチでなんとか進む。あぁ、遠出するんじゃなかった。。

家まであと1Km程度までだまして持ってこれたが、もう限界。ちょっとでもアクセル開けると
すぐ停止。挙げ句の果てにはキックしたら、バスンと言う音が。。多分チャンバーに溜まった生ガスに火がついたって感じです。

仕方がないので家まで押して帰りました。250ccで良かった。大型と比べたら軽いと思います。
やっとこさ家までたどり着いて、ほっと一安心。ハンドルロックしようとしたら、3型フレームって
1型のキーシリンダーじゃロック掛けられないのね。今日初めて知りました。

今回はバイク屋さんにて一度見てもらってるので、もう一回見てもらいましょう。

とほほ。。。。
[PR]

  by ngk2040 | 2005-10-03 22:45 | オートバイ

<< まいったぜぃ。 教習所。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE