さて、次なるネタ。

一部部品は手に入れてたのだが、総合的に部品が足りなくて手つかずだった”R1-Zのアップハンドル化”。。

正月早々なぜか”アラジンエボ”が吹いちゃったので、(意味わからん方々ごめんなさい。)
ついにパーツの購入に相成りました。

セパハン状態の図。
b0034848_23475023.jpg

b0034848_23475958.jpg

でも、FXがアップハンドルだからこっちはセパハンでもいいかなとか思ったりもしてましたが、
一度はやってみたかったわけだから、やっちゃお~~。
今回購入パーツ一式。。と、流用パーツ一部。
b0034848_23493390.jpg

ステンメッシュホースは、いろいろ調べると100mmロングと150mmロングが主流のようです。どっちがいいのかわからんので、中間とって125mmロングとしました。純正は650mmと690mmだそうなので、775mmと825mmを選びました。後はバンジョーとかその他。
バーハンは元FXで使ってたやつ。エンドだけ新調しておこう。。
パイプハンドルクランプは、”アントライオン”っちゅーところのやつを、ヤフオクにて¥3700で落札。(元値は15000くらいするんじゃないだろか。)
といった 内容です。

では作業開始。とりあえず左のグリップを外して。。。。
b0034848_23541116.jpg

クラッチワイヤーもロングがいるのですが、すでに”XJR400R"用のものに交換済み。ノーマル+100mmくらいになるようです。よって、左ハンドル側はそのまま移植が可能になるはず。
ハンドルを外して、バーハンクランプつけてみました。
b0034848_2356317.jpg

実はここでちょっと問題が。オークションでは”R1-Z用”として 売り出されていたこのクランプ。
でも、フォーク径の方が若干でかい。。。(たぶん1mmくらい。)よって、そのままじゃ入らない。。。
いろいろやったのですが、やっぱり物理的に無理。頭にきてクランプの部分をマイナスドライバーでこじって広げます。ああ、外は寒波が襲ってきてます。クランプはアルミ、なおかつ冷えてる。。慎重にやらんとわれちゃいそう。。ちょこっと広げて、あとはプラハンでたたくたたく。
何とかはいりました。でも、かかりがあさい。。いいのかな。こんなんで。。。パーツの画像と比べると、フォークに取り付ける部分の隙間が思いっきり空いてるのがわかると思います。
ここの締め付けの六角ボルトを締めるときも、ねじ山が負けちゃうんじゃないかとヒヤヒヤものでした。とりあえずは何とかなってます。
で、左右のクランプを取り付けた図。
b0034848_022116.jpg

b0034848_02308.jpg

左側だけスイッチとかグリップとか組み付けてみました。
b0034848_032369.jpg

b0034848_033119.jpg

ここまでやったら夜でした。ここから先はおニューのパーツを組み込むので、明日にしよう。
何事も気がせいてはし損じる。焦らずにやりましょう。。。。(って無理だから^^)
[PR]

  by ngk2040 | 2006-01-05 00:05 | オートバイ

<< 完成版。 久々の画像ネタ。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE