上海紀行の2

さて翌朝。
昨日はよく見えなかった、ホテルからの町並みを明るい状態で再度撮影。
b0034848_23501757.jpg

高層住宅が建ち並ぶ。
でもなんか日本の建物と雰囲気が違って、みてて怖い。。
しばらく考えてみたのだけど、怖いという理由がどうやら ベランダが無い ってことみたい。
建物すべて ペンシルビル なので、見た感じ 安定感が無い印象を持った。
地震大国である日本では、考えられないような建物が並ぶ。
現地の人曰く、上海(中国)は地震がないので、こういった建物が建てられるとのこと。
ところ変わればってやつですな。

さて、なれない中国の朝食。
なんとオイラは香草がニガテ。日本の香草(山椒とか大葉とか)なら 全く持って平気なのだが、
中国のは なんか独特の臭みを感じて食べることをやめてしまう。
結局 食べられたのは 食パンと卵焼きとコーヒーでしたw
(でもね、コーヒーのクリームは溶けないし、食パンはぼそぼそしてるし、なぜか甘いし。。。)

朝食も終えて (まともには食ってないが) ロビーへ集合。
今回のツアーは総勢5名。内訳は、うちら夫婦×2名、OL二人組、一人旅の女性。。。
男って俺だけやん。。。
ただ、この人数のおかげで通常のツアーではできないような内容も有りました。
ま、それはあとで。。

最初は上海の原宿(?)、豫園です。(たぶん そえん と 読むと思う)
b0034848_084747.jpg

ここにはなんと 小龍包のうまい店があるとのこと。(OL二人組談)
あー、確かに雑誌に載ってたな。。
b0034848_091885.jpg

まだ開店間もないのか、そんなに並んでいませんでした。
するとOLたちが”食べようよ。。。”と ガイドさんへ一言。。
まったく団体行動を乱す奴らだなw と思ってましたら、ガイドさんが”みなさん食べますか?”
と訊いてきた。それなら乗りますよ。うまそうだし。
これが少人数ツアーの利点らしい。
で、店内へ。
俺ら夫婦は 2人分で 20元(1元=約17円換算)とのことだから、えーと340円ってところか。
待つこと20分。(注文が入ってから大量にふかすらしい)
出てきました。
b0034848_0125922.jpg

こりゃ豚好きにはたまらんです。滅茶うまいです。

小龍包のおいしい食べ方。
1)まず 皮をちょこっと かじって穴を開けます。
2)その穴から 中のスープを飲みます。
3)目の前の酢につけて 召し上がります。 以上。

スープめちゃうま。。げきうま。。何個でもいけちゃいそ。。。
おいしくいただきました。
店を出たときには、takeoutの受付に長蛇の列。。。
こりゃすごいわ。。ちょっとやそっとでは 買えない理由がわかりました。

続く。(って まだ初日の朝10時までのことだよ。。。ま、いっかw)
[PR]

  by ngk2040 | 2007-06-24 00:18 | 日記

<< 鯨くん復活。。 上海紀行の1(たぶん長いぞ。。) >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE