ツーレポ 第3弾 そして終焉へ。。

なんとなく 一部に期待してこのツーレポを見てる人がいるようで。
ここから先は 画像なし。。
なんつったって それどこじゃなかったしw


さて、旧れた腹ごなしに一発いっとくかと、くにさんを先頭にいよいよビーフラインへ突入です。
オイラは最後尾からの追撃w
とりあえず さっき小熊で TDR125のオイルポンプの調子をチェックしてて、どうにもならなかったのですが、気になったためナカムラさんの後方から チェックする。。
どうも 基本的に多いようです。マニュアルほしいな。。調整したいw(イジリ病か。。)

3コーナーをゆっくり目に抜けて行って、さってと 行くぞーっと 気合いを入れすぎた。。
次の左コーナーは 結構中速コーナー。何キロくらいでコーナーへ突っ込んだとかは
覚えてません。音でしか判断してませんものw

うりゃ~と突っ込んでみたものの、突っ込みすぎて TDRとラインかぶってしまった。
げ。これって突っ込むじゃんw まずいよなぁ。。
と 思わずバンク中に かけてしまったフロンとブレーキw
賢明な方ならお分かりと思いますが。そうです。そのとおり。。

スリップダウン。。。。。

”ありゃ。やっちったか。。あーあ。。”

などど 考えながら 滑ってます。。

”そろそろ止まってくれないと ちょいと恥ずかしいぞ。。”

ほんとにアホデスw
そんなことを考えていたら、がくんと滑ってるスピードが落ちた。

”おっ。止まったか。はよ 単車おこそ。。。”

実はまだ滑ってました。w 人間あせるとろくなもんじゃない。
オイラは 滑りながら なんと 単車を起こそうとしてたらしい。。
そりゃ おきませんわ。。w 足もと 滑ってますからw
てなわけで、また足元すくわれて、今度が頭がじめんにごりごりとw

”あー、、なにやってrんだろ。。はあよとまって。。”

止まったのは、センターライン上。結構滑ってきたようです。
コーナーが広くて助かりました。対向車は見ていて止まってくれてました。
挨拶をして、路肩に単車を移動しようとハンドルを持ったら。。

スポン。。。

え。とれた。。ハンドル。。。アセ。。。アセ。。。。どしよ。。

さすがにちょいと 頭真っ白。。はたときづいて、フロントフォークを持って
単車を立て直し、とりあえず路肩へ。当然ブレーキも握れずにそのまま
山側へどんっとタイヤを当てて停止です。

さーて、どうやって帰るかな。。。道具ねーしな。。。しばっておきゃ 何とかなると思うが。。

などと途方に暮れていたところ、音に気付いてナカムラさんUターンして 戻ってくれてました。

”大丈夫ですか!!” と言われて、ひとこと”大丈夫っす!!”

そのまま病院へ搬送していただき、手術中で手が空いていない救急の外科の先生を捕まえて
傷を見ていただきました。しろさん、くにさん、はっしぃさん。搬送ありがとうございました。

そのままおいらは 近場の駅である 常磐線 大津港 で 電車で帰ります。。
なんと松戸まで3時間も かかりやんの。。。
一帯どんだけ北にきたものやらw

単車はなんとevoさんが 預かってくれるとのこと。さらにタンクバッグは ナカムラサンが。。

あー、申し訳ない、 すみません。。せっかくのツーが。。。

そして、帰路につき家に帰って奥方のひとこと。。
”ぶつからなくてよかったね。単独ならあなただけだからいいけど、人を巻き込まなくてほんとよかった。。きをつけなよ。。”

はい、ごめんなさい。。。

というわけで、こけた原因は ”バンク中にフロンとブレーキを握ったから”でした。。

その節はご迷惑をおかけしました。
でも また行きますよ。。というか 誘ってくださいね。w お願いします。w


ちなみに 被害状況は、メーター、左ステップ破損、ライト削れ、ハンドルクランプ破損、ヘルメット高等部がりがり、デジカメ液晶破壊。。(データは残ってました。)
しめていくらだろ。。計算したくない。。TT
[PR]

  by ngk2040 | 2007-09-08 23:43 | 日記

<< R1-Zの被害状況w 速報! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE