もう少し。

翌日は朝からR1-Zとお戯れ。
朝の8時半に目が覚めて、そのまま復旧作業に取りかかる。
ここまで来ればそんなには時間はかからないだろう、とふんでいたので何とか今日中に完成させたい。ハンドル廻りを取り付けて見ると、ほとんど出来たようなものじゃん。
b0034848_8489100.jpg

ここからチャンバーの取付。微妙にうまく合わなかったが、最終的には何とか取り付けた。
残るは外装だ。例のシートレールの溶接のため接触する部分が出てきたので、プラスチックだからと、外装を一部削る。
また、リアブレーキのフールドカップのステーも無かったので、インシュロックでフレームに止めておいた。そして、組み付け完了。。
b0034848_8514536.jpg

b0034848_8515771.jpg

長かったなぁ。ようやっと完成に近づいた。

はやる気持ちを抑えて、まずはクーラントを入れる。規定値よりは入らない。エア抜けるまでしばらくリザーブは見ておかないと。。ああ、2stオイルが無い! のでDSへ買いに走る。今回はYamaha純正RSを買ってきた。せっかく綺麗(一応だけどね)にしたんだからこぼさないように慎重に入れる。オイルポンプからエア抜きをして、以上完成。

いよいよ火入れ式。緊張しながらイグニッションスイッチON。バッテリー弱いなぁ。YPVS(だっけ?)のモーターがゆっくり回る。では、蹴り!当然一発なんかじゃかかるわけもないだろう。
RG250γの時は200回くらい蹴りいれたもんな。とか考えてたら4発目にしてポロロンと掛かった。。おおお、いともあっさり! 全然問題なさそうだぜ。完成じゃ~~!!!
b0034848_911132.jpg

ピストン組んだ時にオイル使ってるから白煙吹いてるけど、その内収まるでしょ。
すぐにでも乗りたい気持ちを抑えて、まずはアイドリングしながら様子を見る。
”あ、乗るんだったらチェーン換えるにせよ注油しとかんとな。”
と、ルブをスプレー。ギアを入れてと。ちゃんと入るじゃん。クラッチも切れる感じだし。機能が当然のように機能するのは当たり前のことなんですけど、自分で組んだものが動くのは感動ものです。自分の作業に自信持ってやってる訳じゃないので。
余分なルブをウェスで拭き取る。

そこでトラブルが発生。。。。
アイドリング10分後、いきなりエンジンがすとんと停止。。。。。。。
50回も蹴り入れてもうんともすんとも言わない。。。なんでぇ???

プラグ外して火花を確認しても完全に全く飛んでない。
さっきまでアイドリングしてたのに。。

ということで、出来たのは姿のみ。。。。。現在トラブル原因追及中TT
[PR]

  by ngk2040 | 2005-09-22 09:56 | オートバイ

<< け~~っけっけっTT 下で言ってた状態。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE